厄年・お祓い

後厄で転職はNGなの?女性・男性どちらも必見!

先日久しぶりに会った友人に職場での悩みを相談されました。なんでも、職場の人間関係が辛すぎて転職を考えているけれど、今年は後厄なのでかなり迷っているとのことでした。

確かに、ただでさえ厄年は色んなことに慎重になるのに、人生を左右する転職ともなるとかなり迷いますよね~(;・∀・) しかも後厄では仕事の失敗が起こりやすいと聞いたことがあるので、友人に転職をすすめることができませんでした…。私は2回ほど転職の経験があるので転職自体は迷わず勧めたいんですけどね~。

そこで、「後厄に転職するのは本当に避けた方がいいの?」ということが気になったので徹底的に調べてみました!この記事で詳しくご紹介しますので、ぜひ最後までご覧になってご参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク



前厄・本厄・後厄に転職しても大丈夫?

男女の本厄は下記の通りです。
女性:19才・33才・37才
男性:25才・42才・61才
※年齢は数え年
※赤字は大厄
※この年齢は「本厄」で、前後の年が「前厄」と「後厄」

厄年は災難が降りかかり易い年齢なので、結婚・転職などの変化が起こることは避けた方が良いと言われています。特に、後厄では仕事の失敗が起こりやすいと言われているんです!

→下記の記事で詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください!
厄年に起こることって?良いこと悪いことひっくるめて全部紹介!


でも、男性・女性共に、厄年の年齢は公私共に充実して忙しい時期。結婚・出産・転職などの生活の変化が起こりやすい年齢ですよね。厄年だからって結婚も転職も諦めていたら、チャンスを逃してしまいます。私は自分が「今だ!」と思うなら、厄年なんて気にせず挑戦した方がいいと思いますよ!

…と言い切ったものの、いざ自分が厄年に転職がしたくなったらかなり悩むと思うんですよね~(^^; 周りに厄年の転職経験者がいなかったので、Twitterで探してみました!前厄・本厄・後厄に転職した方の例をご紹介します♪


まずは、後厄に転職をして散々な目に遭った方達から…。



後厄だけど、全く気にせず転職活動してる方も。


後厄に転職したけど毎日が充実している方もいます!



「厄年に転職して良かった!」という人もいれば「最悪な事ばかり…」なんて人も…。Twitterの経験談を見て感じたのは、本当に人それぞれなんだな~ということです。

そもそも、厄年の20~40代って男女ともに自分の人生や仕事について深く悩む時期なので、転職をしたくなる年代なんですよね。次の項目では厄年と転職の関係についてご紹介していきます!

スポンサーリンク



厄年と転職の関係

男性と女性に分けて、厄年と転職の関係についてご紹介していきますね♪

男性の厄年と転職


 年齢
前厄23才・41才・60才
本厄24才・42才・61才
後厄25才・43才・62才
  
未だに【一家の大黒柱は男性】という考え方が根強い日本では、女性よりも男性の方が就職や転職に慎重になります。男性の厄年である23~25才・41才~43才・60~62才は正に男性にとっては激動の年齢。例えば…

23~25才は大卒男子が就職して1~3年経ち、仕事に慣れる頃。最初の頃は何もかも新鮮でキラキラしていた日々が、慣れと現実でドンヨリと灰色になきますよね~。「今の職場で働き続けるべきか」と悶々と悩む事も増えます。

41~43才は管理職になる人も出てきて、上司と部下の板挟みになる事も…。残業がドンドン増えて激務で体を壊したりウツ病を発症し易くなるのもこの年代です。

60~62才は退職で生活が激変する時期。今まで仕事一筋で働いてきた人の中には【毎日する事が無い】生活に嫌気がさして、働きに出る人もでてきます。

女性の厄年と転職


 年齢
前厄18才・32才・36才
本厄19才・33才・37才
後厄20才・34才・38才

女性にとって、32~34才と36才~38才は変化の多い年齢です。人生で一番忙しい時期と言ってもいいほど…。

32~34才は恋愛や結婚の悩みが多い時期。また仕事面では重要な仕事を任されることも多くなり充実している反面、転職の限界年齢35才を目前に控えて「この会社で働き続けていいのか」と悩んでしまうことも。

36~38才からは更に悩みが深くなっていく年齢です。転職がしたいなと思っても日々の業務をこなすのに精一杯で一年があっという間に過ぎます。また、35才以上になると転職市場ではよほどの技能が無いと厳しくなるという面も…。


「転職」の二文字が頭をよぎっても、実際に転職するとなるとかなりの勇気がいりますよね。
  • せっかく就職できたのに…
  • まだ2年しか勤めてないのに…
  • 同期とも仲がいいし…
  • 条件のイイ会社には転職できないかも…
などなど、転職の事を考えれば考えるほど「やっぱり今の会社に居た方がいいかも」という考えが頭に浮かびます。

でも、本当に今のままでいいんですか?次の項目では、転職を決断する際のポイントについてご紹介していきます!



転職を決断するためのポイント

私自身は20代の時に2回転職をしています。その当時は悩んで迷って必死に考えた末に転職することを決断しました。でも、周りの人からは「石の上にも三年!そんなすぐに転職したら転職グセが付くよ」などと反対されたんです。

その当時は私も「転職グセが付くかな?後悔するかな?」とかなり不安だったのですが、30代になった今は「あの時決断して良かったなぁ~」とシミジミ感じています。というのも、今の職場は今までの所と比べてお給料もやりがいもアップしたからです^^


私が「転職して良かった」と感じれたのは、あの時周りの声に振り回されず「今だ!」という自分の直感を信じれたからだと思います。もちろん直感だけでなく、客観的に自分の職場や状況を見つめた事も役に立ちました。

客観的に考えるのに欠かせないのが、ノートに現状を書きだしてみる事!今の職場の不満点・満足している点などを全部書きだしてみるんです。そして次に、自分が転職したい理想の会社の条件を全部書き出します。今勤めている会社と理想の会社を見比べて、ジックリと考えて見てください。

頭でモヤモヤと考えているだけでは結論が出なくても、ノートに吐き出す事で客観的&具体的に現状を見つめる事ができますよ。


その他でお勧めなのが…
  • 運動
  • 断捨離
  • 趣味に没頭
  • パワースポット巡り
  • 友達とのオシャベリ

などです!心と体はつながっているので、疲労が溜まっている状態では良い事が頭に浮かぶことはありません。基本的に人間の脳はネガティブな事ばかりを考えるようにできているので、体がシンドイと更に悪い事ばかり考えてしまうことに…。

また、部屋中に物があふれていたら思考もグチャグチャになります。私も経験があるのですが、不要な物を片っ端から断捨離するだけで前向きな気持ちになっていきますよ^^


とにかくジックリと転職について考えるためには心身のリフレッシュが欠かせません!どうぞ、先ほど例に挙げた方法を実践してみてくださいね。そして、熟慮した上で「やっぱり自分は転職すべきだ!」と気付いても、「厄年なのが引っかかる…」という場合もあると思います。

そんな方は、神社やお寺に厄払いに行きましょう!「神様仏様は信じて無いしなぁ~」と思われるかもしれませんが、神社やお寺には良い気が流れているので居るだけで清々しい気持ちになれますよ。私が寺社仏閣巡りが大好きなのでそう感じるだけかもしれませんが、元々お寺などに興味が無い方にもオススメです!

→下記の記事で詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください!
厄払いのやり方はコレ!初めてでも安心迷わない

最後に

【転職すべきかどうか】って本当に迷いますよね~。ましてや、厄年に転職をしたくなったら思い悩むのが普通です。

私自身は厄年で転職をしたことは無いのですが、転職自体は20代で2回しました。周りから散々止められて迷い悩んだけど自分で決断して転職しました。で、後悔するかと思いましたが、今では「あの時決断して良かった」と心から思っています^^


世の中に完ぺきな職場は無いので、探せばいくらでもアラが見つかります。でも、毎日のように【転職】の二文字が頭にチラつくなら、一度思考を整理するためにノートに書きだしたり友達に話を聞いてもらって下さい。

そして、「今だ!」と思えば、厄年だろうがなんだろうが思い切って転職してみてください。厄年は転職したくなる年代とモロに被っているので、そもそも避ける事が難しいんですよ~。

厄年の転職で後悔するか満足するかは、運とタイミングによる所も大きいので自分の直感を信じてくださいね!




関連記事(一部広告を含む)


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です