妊娠・出産の費用

妊娠出産にかかる費用っていくら?体験談を元にご紹介!

妊娠出産にかかる費用ってどれくらいでしょうか?妊娠が分かった時、私は嬉しさと同時にお金が心配になりました…。

この記事では、私の妊娠出産にかかった費用をまとめています。もちろん、費用は人それぞれですが、一例を見ることでザックリとでも必要な金額を把握することができます。

 

過去の私と同じように、「いくらかかるの?」と心配している方は是非ご参考にして下さいね。

スポンサーリンク


妊娠出産にかかった費用の合計

入院明細
「妊娠出産にかかった費用」の内訳は、下記の3項目になります。
  • 妊婦健診費
  • マタニティ&ベビー用品
  • 分娩入院費
これらを合計すると、約81万円

 

そのうち、
  • 妊婦健診の補助券:10万円
  • 出産育児一時金:42万円
を除いた、29万円が自己負担額になります。

 

いかがでしょうか?

私としては、思っていたほどお金がかからなかったので、ホッとしました…。

 

この金額だけ見てもピンとこないかと思いますので、それぞれの項目を見ていきましょう。

妊婦健診費:4万円

妊婦健診費    140,330円
助成券        98,000円

自己負担額:42,330円

 
妊婦健診についての詳細は、下記の記事をご参照ください♪
妊婦健診の費用はいくら?相場から私の場合まで!

マタニティ&ベビー用品費:9万円

     内訳    費用
マタニティ用品      約5万円
ベビー用品   約1.4万円
イケアのワゴン      約1万円
本(育児書10冊+絵本3冊)   約1.1万円
合計      8.5万円
 

ベビー用品は最低限の物だけ購入したので、安く上がりました。
  • 抱っこひも
  • ベビーカー
  • ベビーラック
などの大物は産後に購入したので、この費用には含まれていません。

 

 

購入したマタニティ&ベビー用品についての詳細は、下記の記事をご参照ください♪

マタニティ用品はいつから何を購入する?
ベビー用品で必要なものって何?経験者の目線から!

 

 

分娩入院費:16万円

    内訳         費用
入院料  157,500円
分娩介助料  248,000円
新生児管理保育料      87,000円
検査・薬剤料      42,100円
処置・手当料      12,500円
産科医療補償制度掛金      16,000円
その他        8,260円
一部負担金等      12,320円
合計    583,680円
 

分娩入院費  : 583,000円
出産育児一時金:-420,000円

自己負担額:163,680円

 


入院は5泊6日
産婦人科医院での出産
陣痛促進剤使用+吸引分娩

 
詳しくは下記の記事をご参照ください♪
出産の費用っていくらかかるの?平均から私の場合まで!

まとめ

  • 妊婦健診費:約4万円
  • マタニティ&ベビー用品費:約9万円
  • 分娩入院費:約16万円
上記の費用を合計すると… 29万円!

 

やっぱり、健診の補助券と出産育児一時金の合計52万円の支給が大きいですね。

ほんとありがたい…。

 

3項目の中で節約し易いのは、マタニティ・ベビー用品の費用。
  • お下がり
  • 中古品
  • 型落ちのセール品
などなど、工夫すれば安くて良いものを購入することも可能ですよ。

 

反対に、妊婦健診費や分娩入院費は自分ではコントロールできないです。
  • 未熟児のため入院
  • 妊娠中に切迫早産で入院
といった不測の事態が起こることもあるので…。

そのため、妊娠出産の費用として50万円ほどあれば安心です。

 

とはいえ、出産祝いで現金を頂く方も多いと思いますので、そのお金を含めると自己負担額はもっと少なくなりますよ。

 

 

それでは、出産までマタニティライフを楽しんでくださいね♪

 

関連記事(一部広告を含む)


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です