マイホーム

新築 家具家電にかかる費用総額と我が家の例を紹介!

夢のマイホーム♪

家具家電選び楽しいですよね~。

家具屋さんに行く度にウットリしてワクワク^^

個人的に「マイホームづくりの一番楽しい部分やん」って思ってます。


ただ!
最初の頃って、家具家電の相場が全然分からなくて、「総額費用ってどれくらいになるんやろ?!」ってすごく不安だったんですよね。

家自体にかなりお金がかかったので、家具家電の費用を残せるか心配で心配で…。

私と同じような人多いと思います。


そこで、この記事では

  • 新築の家具家電にかかる一般的な費用
  • わがやの事例


についてご紹介していきます!

家具家電にかかる費用をざっくりとでも把握しているだけで、予算も組みやすいと思います。ぜひこの記事をご参考にしてみてください。

スポンサーリンク



新築での家具家電にかかる費用

住宅購入時にかかる家具・家電の費用(1年以内に買った耐久消費財)は、

  • 注文住宅:201万円
  • 建売住宅:105万円
  • マンション:86万円


と言われています。
(※住宅金融支援機構による【住宅取得に係る消費実態調査(2014年度)】


約100万~200万!!

すごい金額ですね(^^;


ただ、これはあくまでも平均的な金額。

購入するものは各家庭によって違いますし、同じソファでも、ピンからキリまで。(ニトリで買うかActusで買うかで全然違う!)


念のため、家具家電の費用として100万円くらいは用意しておくのが安心ですね。

家具・家電の相場

新築マイホームで皆が購入する家具家電をランキングにすると下記のような順になりました。

  1. カーテン
  2. 照明器具
  3. ルームエアコン
  4. じゅうたん・カーペット
  5. ベッド・ソファーベッド

※参照:住宅取得に係る消費実態調査(2014年度)


上記の物を中心に、新築に合わせてよく購入される家具家電の相場をご紹介していきます。


◆家電

  • 冷蔵庫(500L) 11~21万円
  • 薄型テレビ(50インチ) 7~15万円
  • エアコン(11畳) 6~11万円
  • コードレス掃除機 1~5万円
  • 電子レンジ・オーブンレンジ 2~10万円


◆家具
  • ベッド 2~20万円
  • 3人掛けソファ 7~10万円
  • ダイニングテーブルセット 10~30万円
  • カーテン&カーテンレール 10~30万円
  • 照明器具 2千円~3万円
  • じゅうたん・カーペット(6畳) 1~10万円
  • 子供用の椅子 千円~5万円



上記の物を全て購入する場合、

合計:57万円~170万円かかることになります。


値段にかなり幅がありますね(^^;

家具家電は、本当にピンからキリまでなので、良いものを買おうとすればドンドン金額がふくらんでいきます。



それでは次に、我が家で実際にかかった家具家電の費用についてご紹介します!

我が家で家具・家電にかかった費用

家具家電の総額75.3万円

※2019.2.7現在(小物類は入れてません。随時追記する予定。)


この内訳は…

  • エアコン 10万円
  • カーテン+レール+採寸施工 8.3万円
  • 照明器具6個+電球2個 2.5万円
  • ダイニングテーブルセット 46万円
  • 子供用チェア 6万円
  • 衣装ケース(Fitsプレミアム):洗面所用 1.3万円
  • 衣装ケース(無印)×2つ:クローゼット用 1.2万円

が含まれています。


最初のほうで紹介した調査では、【注文住宅で201万円】と書かれていたので、ずいぶん安く抑えられたように感じます。


ただし!

わがやが購入したのは、生活にどうしても必要な家具だけなんですよね(^^; (カーテンすらまだ購入していませんし…)
※2019.2.7追記:最近、ようやくカーテンをオーダーしました!


今後、下記の物を購入していく予定なので、100万円は軽く超えてしまいそうです。

  • カーテン
  • ソファー
  • 小物類


次に、家具家電にかかる費用を押さえるポイントについてご紹介します!

スポンサーリンク



家具家電にかかる費用を抑えるポイント

新築マイホームのための家具選びってめっちゃ楽しいですよね。

ただ、なんでもかんでも自分が欲しい物を買っていたら、お金がいくらあっても足りません。


家具家電の費用を抑えるためのポイントを3つご紹介します。

  1. 最低限の家具・家電のみ購入
  2. 家電は旧モデルを購入
  3. ネットと店舗を使い分ける

最低限の家具・家電のみ購入

せっかくの新築マイホームだから♪と色々そろえたくなりますが、必要な家具家電って意外に限られています。


入居までに必要なのって

  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • カーテン
  • 照明器具
  • ダイニングテーブルセット

くらい。

しかも冷蔵庫や電子レンジは旧居で使っていたものでも十分使えます。

一気に全てそろえなくても、「壊れてから買い替える」とか「少しずつそろえる」でもいいのでは?と思います。



そして、1F・2F全ての部屋をオシャレに整えるってかなりお金がかかります。


ですので、

  • 来客に見られるLDKは少し高くても良いもの
  • 2Fはプライベートな空間なのでランクが低いもの

というふうに、お金をかけるとこ・かけないとこの強弱をしっかりつけるのがおすすめです。


また、子供が小さいうちは、2階には使わない部屋(将来の子供部屋)があるので、その部屋にはエアコンなどをつけないのも一つの手です

家電は旧モデルを購入

去年ものってだけで数万円近く安くなる場合もあります。

実際、機能的にはほとんど変わらないことが多いので、旧モデルは狙い目ですよ。

ネットと店舗を使い分ける

同じ商品でも「どこで買うか」で金額がかなり違います。

高い買い物である家具家電は、「最安値」の店舗を探すことも大事になってきます。

購入した家具家電や小物の詳細

実際にわがやが購入した家具家電や小物類の詳細をこちらに記載しておきます。

今後も更新していく予定ですので、ぜひご参考にしてみてください。


◇カーテン(ニトリ)
・採寸料金:4,320円(税込)
・取付料金:9,720円(税込)
・カーテンレール・房掛け(5ヶ所):37,450円(税込)
・カーテン:円(税込)

◇照明
・ダイニング照明(Art Work Studioの中古):5,990円(税込)
・ニトリのミニシーリングライト×3:7,176円(税込)(2,215円税抜×3)

イケア
・スレットボーペンダントランプ:2,999円(税込)
・ルッノムLED電球:799円(税込)
・リーエトLED電球:599円(税込)
・楽天のシーリングライト:7,236円(税込)


◇ダイニングテーブルセット
・Mテーブル(W1600×D900×H700)ブラックチェリー:215,500円(税抜)
・チェア(YC2)ウォールナット:85,000円(税抜)
・チェア(Awaza LDR):ブラックチェリー:95,000円(税抜)
・スツール(ORI)レッドオーク:27,600円(税抜)
・配送費:5,000円(税抜)
・子供用チェア(UPRIGHT):43,500円(税抜)
・ベビーシート::9,500円(税抜)
・送料:1,500円(税抜)


◇小物
イケア
・ヴァリエラ引き出しマット透明:399円(税込)
・イースタードプラスチック袋×2:598(税込)(299円×2)
・クングスフォルスネットバック:699円(税込)

楽天
・洗濯機スライド台:3,963円
・スリッパ×2:5,400円(税込)
・パナソニック室内物干しユニット ホシ姫サマ:9,148円(税込)
・ステンレス 伸縮式多機能布団干し:3,990円(税込)
・詰め替えボトル3個セット(RETTO):4,860円(税込)
・お風呂の手桶(karali):1,080円(税込)
・お風呂のスキージー:1,058円(税込)
・お風呂のブラシ:950円(税込)
・お風呂のミニブラシ:734円(税込)
・洗濯ばさみ(フレディレック):702円(税込)
・ベランダサンダル (フレディレック):2,700円(税込)
・木製ハンガー (フレディレック)3個セット×2:2,592円(税込)(1,296円×2)
・歯ブラシホルダー 2個セット:518円(税込)
・マーナ 洗面スポンジ POCO吸盤付き:410円(税込)
・Sフック 3個入り:540円(税込)
・スポンジ×4:792円(税込)(198×4)

最後に

この記事では、

  • 新築の家具家電にかかる一般的な費用
  • わがやの事例

についてご紹介させて頂きました。


住宅購入時にかかる家具・家電の費用は、

  • 注文住宅:201万円
  • 建売住宅:105万円
  • マンション:86万円


と聞いて、「めっちゃかかるやん?」ってビックリしました?!

私の予想では、注文住宅で100万円くらいって思ってたので、「うそ~っ!!」っとビックリしました。


上記の例は、あくまで平均的な金額なので、お金をかける所とかけない所、メリハリをつけて予算内に収めてみてくださいね~。

関連記事(一部広告を含む)


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です