妊娠・出産

母乳神話のストレスが辛い!?完母じゃなくても大丈夫!

産後は母乳育児をしようと思っていたのに、おっぱいがあまり出なくて悩むママが多いそうです。私も実はそのうちの一人でした。

「頻回授乳をしていたら出るようになるはず!」と信じていたのに、何週間経っても量が増えません。「ミルクより母乳が一番」と信じていたので、なかなか完全ミルク育児に切り替えられなかったのです。


今から思えば、母乳神話にとらわれていたなと思います。でも、その時は必死でストレスを感じながらもなんとか母乳育児を続けようと頑張っていました。

当時の私のように赤ちゃんに母乳をあげられなくて悩んでいるアナタのために、この記事では混合からミルク育児に切り替えた私の体験談をご紹介します。ヒントになると思いますので、ぜひご参考にしてみてくださいね^^

スポンサーリンク


母乳神話がストレス


母乳神話とは…

ミルクに頼らず完全母乳で赤ちゃんを育てるのが最良の方法

という考え方。

なかには、「努力すれば出るようになるので、出ないのはママの努力が足りない」と極端な考え方をする人もいます。「母乳神話っていつ頃から始まったのかな?」と思って調べた所、どうやら1974年にWHOが母乳育児を推奨し始めた事で日本でもその動きが広がったようです。


私も母乳が赤ちゃんにとっていい事は理解していたので母乳育児をするつもりでした。産後、母乳が少ししか出なかったけど、「授乳し続ければもっと出るようになるはず」と思ってたんです。でも、どんなに頻回授乳しても量は増えなかった…。

最初の頃は、息子を抱っこして授乳する時間が幸せで幸せで、一生懸命おっぱいを吸ってくれる息子がとても愛おしかったです*^^* ただ、頻回授乳をしてもおっぱいの量が増えないので、いつしか授乳の時間がとても辛い時間になっていました…。


息子が生後2ヶ月の頃までは混合で育てていたけど、出が悪いおっぱいを息子は嫌がって泣くのでミルクだけに切り替えました。

その時は育児ノイローゼの一歩手前だったし、息子に拒絶されたように感じて本当に辛かった。周りのママは当たり前のように母乳育児をしているのに「なんで私の胸はおっぱいが出ないの?」って(^^;



私のように、想像していたほど母乳が出なくて挫折感を感じるママも多いと思います。ほとんどのママは、母乳をあげられるなら母乳で育てたいと願っています。

でも、全てのママが母乳をあげられるわけではないんです。母乳が出にくい体質の人もいれば、下記のような理由で母乳をあげられない人も…。

  • 薬の服用
  • 仕事に早く復帰
  • 乳首が陥没してる
  • アトピーや敏感肌で乳首が切れやすい


今、おっぱいが足りなくて悩んでいた時の自分に「ミルクでも育つよ~。メリットいっぱいだよ~^^」と笑顔で言ってあげたいです。ミルク育児にはもちろんデメリットもありますが、気にしないようにしています。デメリットの事で悩んでも仕方ないし「メリットに感謝しよう!」と。


母乳と比べて私が実感しているメリットは…

  • 夜まとめて寝てくれる
  • 預けて外出し易い
  • 好きな物が食べられる
  • ママ以外の人も授乳できる
  • 貧血などの体調不良に悩む事がない
  • 自分で哺乳瓶を持って飲むようになるので楽

などです。


母乳が出る人は母乳をあげればいいし、出ない人はミルクをあげればいい。そして、母乳がでても何らかの理由であげられない人もミルクに頼ればいい。ミルクをあげてるからってママ失格でもないし、手を抜いているわけでもない。

ママが「母乳が出ない出ない…。」ってストレスを感じるより、楽しく育児できる事が一番大切です!^^これから十数年も続く育児のほんのスタート地点でつまづいてなんかいられませんよ(笑)


こんな事を言っている私も、混合育児からミルク育児に切り替えた当初は落ち込むことが多かったです。周りのママが母乳の話をしていると胸がチクット痛みました。「胸が張ってくる」とか「母乳がシャーッって噴き出す」とか聞くと妬ましく思ったり…。

義母との会話で、ミルク育児をしていると伝えると「母乳の方がいいんだろうけどね…」なんて言われてショックを受けたり(^^; ミルク缶に書かれている「母乳が最良の栄養です」の言葉に傷ついたり

ママ友や義母は何の悪気もなく話していたのに、勝手に傷ついて落ち込んでたんですよね…。今では、「出ないもんは仕方がない!」とスッカリ吹っ切れましたよ^^♪



私も妹も生後1ヶ月頃から完全ミルクで育ちましたが、アレルギーや病気などは今のところありません。30年以上も前のミルクで育っても健康に問題が無いってことは、もっと粉ミルクの研究開発が進んでいる現代では何ら心配することは無いのかなと楽観的に思っています。

最後に

産後1~2ヶ月は、母乳の量が増えないことに悩んでストレスを感じる日々でした。でも、生後3ヶ月頃から完ミに切り替えたことで授乳の大変さが無くなり少しずつ育児を楽しめるようになりましたよ。今では元気いっぱいでヤンチャな息子に振り回されながらも充実した毎日です*^^*

「なんであんなに悩んでいたのかな?」と自分でも不思議なほど、当時はいっぱいいっぱいだったんですよね~(^^;

きっと、アナタも母乳が出ない事にストレスを感じているのだと思います。母乳が出易くなるために自分が出来る事(マッサージとか)をトコトン試してみてください。それでも出ない時は「出来るだけの事はやった!」と胸を張って、ミルク育児に切り替えましょう♪


周りから「ミルクより母乳の方がいいのに」とか言われても「そうですね~」って聞き流してくださいね。育児をしていたら母乳以外の事でもトヤカク言われます。一々周りの言う事を気にしていたら体がもちませんよ^^

一番大切なのは、ママが伸び伸び楽しんで育児をする環境を整えることです~。

関連記事(一部広告を含む)


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です