育児休業

育休中(後)に退職する場合の理由!一般的な例と私の経験談

育休中や育休後退職したいなと思っても、

「本当に退職できるの?」
「何かペナルティーはあるの?」
「皆が納得する退職理由は?」

などなど、色んな不安が出てきますよね。結論から言うと、育休中や育休後に退職することは可能です。法律上では、育児休業給付金は返金する必要はありません(就業規則に返金が明記されている場合も)。

ただ、育休手当は「会社への復帰」が大前提なので、「もらうだけもらって辞めるの?」と周囲の人から反感をかったり非常識だと思われる可能性も…。

とはいえ、やむを得ない理由であれば育休中に退職をしても仕方が無いと思ってもらえる場合があります。

その点をふまえ、この記事では…

  • 育休中や育休後の退職例
  • 私が退職した理由
の2つをご紹介していきます。ぜひ最後までご覧になってご参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク



育休中や育休後に退職する場合の理由


まず、女性が育休中や育休後に退職を選ぶのには、大きく分けて下記の2種類の理由があります。
  • やむを得ない理由
  • 個人的な理由

やむを得ない理由は、例えば…
  • 保育園に入園できない
  • 夫の転勤などで引っ越し
  • 子供に障害がある
  • 産後に心身の調子を崩した
など。これは、本人の意思に関係無く起こることです。

対して、個人的な理由は例えば…
  • 子供が可愛くて離れたくない
  • 育児・家事との両立が不安
  • 育休手当をもらってから辞めたい
など。

上記のような個人的な理由の場合、会社の上司などには絶対言わないほうがいいです。出産育児を経験したママ友には、上記のような理由で会社を辞めることは理解してもらえると思います。

でも、会社の上司はまずこの気持ちを理解してくれないと思ったほうがいいです。「嘘も方便」という諺もあるように、辞める際には「やむを得ない理由」を伝えましょう(嘘をつくのは心苦しいですけどね…)。

万が一「子供が可愛くて離れたくない…」なんて個人的な理由を正直に伝えて辞めた場合、今後、育休をとる同僚たちがとりにくくなる可能性もあります。

↓Twitterで復帰を迷っている方の意見を見つけました!


↓育休中に退職する&退職した人の話



ネット上では、「育休をとるだけとって辞めるなんて!」という意見が多いのですが、私は育休後に辞めるのも仕方無いと思っています。だって、初めての育児では想定外の事もいっぱいあるし、産んでみないと自分の心身がどうなるかなんて分からないですから。


私自身は、迷いに迷って育休を習得した後に会社を辞めることにしました。産休に入る前は「産んでからも仕事を続けよう!」と意気込んでいたので、まさか自分の気持ちがこんなに変わるとは思いませんでした。

次の章で、私がなぜ辞めることにしたのか詳しくご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク



私が育休後に退職した理由


下記の記事で書いたように、迷っていたものの職場に復帰することを決意していました。
育休復帰したくない!体験談とオススメの方法

でも、最終的には育休後に会社を辞めることにしたんです。「会社を辞めた」と言うと、「ご主人がたくさん稼いでるんでしょ」と思われるかもしれませんが、夫の年収は多くも少なくもない、ごくごく一般的な額。息子が小さいので黒字家計ですが、これから住宅ローンや教育費もかかるので、ドンドン家計の余裕は無くなりそう…。

将来のお金の不安は大きいのですが、その不安を上回るほど会社を辞めたい気持ちが大きくなりました。


私の場合、育休中に会社をやめた理由は…
  • 育児が想像以上に大変だった
  • 人生は有限だと気づいてしまった
  • 新しい働き方がしたい
  • ストレスだらけのワ―ママ生活は送りたくない
   
というもの。

「なんやねんそれっ!それやったら最初から育休とるな!!」と怒られるような理由ですが…。

育児・家事・仕事の両立は大変!

息子を産むまでは100%復帰するつもりだったのに、徐々に気持ちが変化していったんです。

もうね、育児をなめていました!!(笑) 正直、こんなに大変だなんて想像もできてなかったし、自分の時間がほとんど無くなる事を理解できていませんでした。

私の場合、周りの友達はまだ子供がいなかったりで、リアルな育児の大変さを聞いたり見たりする機会が無いまま子供を産んでしまったんです…。


こんなに大変な育児と家事・仕事を両立させる自信がどうしても持てません。「やってみると意外に両立できるかも」と思ったのですが、どうしても働きながら育児家事をしている自分を想像することができず…。

子供と一日ベッタリ一緒にいるより、会社で仕事をした方が自分の時間が持てるしイイという話も聞きます。実際、朝から晩まで子供と一緒の生活に息苦しさを感じることも…。
「子育て疲れた一人になりたい」なんてママは思っちゃダメなの?


でも、育児・家事・仕事を両立するより、専業主婦になったほうがユッタリとした毎日が過ごせているなと思っています。

また、我が家の場合…
  • 実家が遠い
  • 夫の帰宅が遅い
  • 夫が家事を全く手伝わない

などなど、悪条件がそろっています…。せめて、夫が家事をしてくれたら良いのですが、共働き時代から何度頼んでもほとんどしてくれません。

人生は有限

あと、出産後に「人生は有限」という事実に気が付いてしまったというのも大きいです。出産で意識を失いかけて「死ぬかも…」と思う瞬間があり、さらに産後は、海老蔵さんの奥様(小林麻央さん)の闘病と死去でその思いは更に強くなっていきました。


そして、息子との大変だけどノンビリした毎日を過ごして、自分の今後の人生や仕事について深く考えるようにもなりました。今の仕事を続けながら、息子とジックリ関わるのは難しい…と思ったし、「このまま今の会社で定年まで頑張るの?」と考えた時に、「絶対に嫌!」と思ったんです。


次の項目では、私の理想の働き方についてご紹介しますね。

新しい働き方がしたい

「自分がどんな人生を送りたいのか」というのをジックリ考えるにつれ、理想の生活を実現したいと強く思うようになっていきました。

私の理想は…

  • 好きな場所で働く
  • 好きな時間に働く
  • 好きな時に休む
  • 色んな仕事を同時進行する
  • 子供が熱を出したら気兼ねなく休む
  • 平日に好きな所に出かける

こんな生活。

これ、会社員をしてたら実現できない生活です。子供がいたら尚更!


「こんな生活をしたい!」と友達や母親に言っても「何寝ぼけた事言ってるん?」みたいな顔をされます。でも、こんな生活が送れるように、これから色んな可能性を探って挑戦していきたいなと思っています。(←夢見る夢子だなんてバカにしないで下さいね~(笑))

もちろん、息子のお世話が優先なので時間は限られていますが、一日数時間はライター業やブログ運営をコツコツやっている最中。ゆくゆくは、パートタイムの仕事+ライター業など、いくつもの仕事を掛け持ちしていきたいなぁと思っています。

周りからの批判は気にしない

育休中や育休後に退職することをよく思わない人が多いです。もちろん、私も同僚が育休をとるだけとって辞めたらめっちゃ腹が立つと思います!


でも、最初から辞めるつもりで育休をもらったわけではなくて、色んな事情で復帰できなくなった場合は仕方無いと思っています。育休から復帰して1年未満で辞めてしまう人もいて、そんな場合も同じように嫌がられます。


だけど、復帰してみて「どうしても両立は無理」となったら、辞めるのは仕方の無い事と思いますよ。ただ、職場の方に迷惑をかけるのも事実なので、誠心誠意「ごめんなさい」という気持ちを伝えればそれでいいんじゃないでしょうか。


会社は社員の幸せなんてこれっぽっちも考えていません。自分と家族の幸せを守れるのは自分自身だけ。「会社に迷惑をかけるかも…」なんてことは心配せず、「自分はどうしたいのか」自問自答して見て下さいね。

ちなみに、私の場合は育休後に退職したことを(今の時点では)1mmも後悔していません。「辞めて良かったな」と思っていますよ。会社に迷惑をかけたな…とも思いますが、1年以上私がいなくても問題無く会社や部署は回っていましたし、迷惑というほどの事は無かったのかもしれませんね。

あっ…でも、たまに夫から「職場復帰してくれてたら家計的に助かったのになぁ…」とチクチク言われるのが嫌です(笑) 夫を安心させてあげるためにも、在宅で出来る仕事をコツコツと頑張っていこうと思います!



関連記事(一部広告を含む)


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です