バレンタイン

生理前にチョコが食べたい!その理由と対策とは?

生理前って無性にチョコが食べたくなりませんか? 管理人は現在32才で、思春期の時に比べたら食欲は落ちたものの、生理前は異常なほどご飯やらお菓子を食べてしまいます(^^;

特にチョコ!毎日大容量パックを一人で間食しちゃうことも…(←食べ過ぎやから!)。


ふと、「生理前になんでチョコが食べたくなるの?」という疑問が頭に浮かびました。そこで、徹底的に理由やその対策を調べてみましたよ~。生理前の「チョコが食べたい!」って気持ちと格闘しているアナタは是非この記事をご参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク



生理前にチョコが食べたくなる!

生理前にチョコが食べたくなるのはアナタだけじゃないですよ!「私ってどこかおかしいのかな?!」なんて心配しないで下さいね。Twitter上で、生理前にチョコが食べたくなる&食べ過ぎる女子のツイートを見つけました~。


このように生理前は甘いもの、とりわけチョコレートを食べたくなる女子がいっぱいいます!あなただけじゃないですよ~。私も生理前&生理中はチョコやスイーツを食べ過ぎて、毎回「なんでこんなに食べちゃったの…」って自己嫌悪におちいるんです…。

そもそも、なんで女性は生理前にチョコレートを食べたくなるんでしょうか?気になったので、理由をアレコレ調べてみました!一緒に見ていきましょう~。

生理前にチョコが食べたくなる理由

生理前にやたらチョコが食べたくなるのは、チョコレートに含まれる…

  • テオブロミンとブドウ糖
  • 鉄分

この2つによるものです。

テオブロミンとブドウ糖

チョコレートの原料のカカオマスにはカフェインと似た化学構造のテオブロミンという物質が含まれています。このテオブロミンは、自然界ではほぼカカオマスのみに含まれると言われ…
  • リラックス効果
  • 思考力・記憶力・集中力を高める
といった効果があるんですよ。

これらの効果はカフェインと似ていますが、テオブロミンの方が体内には緩やかに吸収されるため、リラックス効果も緩やかに得る事ができます。


生理前になるとセロトニンの分泌量が下がり、女性はイライラしたりネガティブ思考になりがち。そのため、本能的に体がリラックスしようとして、テオブロミンの多く含まれるチョコが食べたくなるのかもしれませんね。

また、生理前になると体は無意識のうちに不足しているセロトニンを分泌させようとします。その際にブドウ糖を大量に必要とするので、ブドウ糖がたっぷり含まれているチョコを食べたくなるのでしょう。

鉄分

カカオには生理中に不足しがちな鉄分も多く含まれています。標準的なビターチョコにどれくらい含まれているかというと…
  • 2.5mg(100g中)

になります。「100g中に鉄分2.5mgって多いの?」と思われるかもしれません。そこで、他のスイーツの鉄分含有量を記載しておきます。

スイーツ名鉄分含有量(100g中)
あま納豆2.1

かりんとう1.7

エクレア1.2

シュークリーム 1.2

タルト1.0

大福もち1.0

ドーナッツ0.7

ショートケーキ 0.7

せんべい(揚げ) 0.7

プリン0.6

ビスケット

0.5

アップルパイ 0.2

ほとんどのスイーツは1mg未満であることと比較すると、チョコに含まれる鉄分は約2倍!生理中の体は本能的に鉄分の多いチョコを欲するのかもしれません。

一日に必要な鉄分摂取量は、成人女性でなんと12mg!チョコだけで摂取しようとすると400~480g(板チョコ約8枚分)ものチョコを食べる必要が出てきます。チョコには鉄分以外にも砂糖や脂肪分も多く含まれているので、食べる量はほどほどにしておきたいですね。

というのも、チョコを食べ過ぎると体に様々な悪影響があります。一緒に見ていきましょう!

生理前にチョコを食べ過ぎると危険?

生理前は、妊娠に備えて体が栄養を蓄えようとするので、いつも以上に食欲が増す時期です。なので、普段はチョコをそんなに食べない人でも生理前にはドカ食いしちゃうことも…。

でも、生理前にチョコを食べ過ぎると生理痛が重くなります。というのも、チョコに含まれる成分が、下記の作用を引き起こすからです。
  • チラミン=血管や子宮を収縮させる
  • カフェイン・糖分=体を冷やす
また、チョコを食べ過ぎると上記以外にも体へは様々な悪影響があるんですよ。例えば…

  • 虫歯
  • 肌荒れ
  • 肥満
  • 糖尿病

などなど…。

しかも、甘いものを食べ過ぎると血糖値が上がり、インスリンの分泌量が増えます。すると、女性ホルモンのバランスが乱れる事で更に甘いものが食べたくなるんです。チョコを食べれば食べるほど止められなくなり負のスパイラルに…。

生理前にチョコを食べたくなる時の対策

チョコが食べたくなった時は、代わりにドライフルーツを食べるのがオススメです♪ 生の果物より甘みが凝縮されているし、噛みごたえもあるので満腹感があります。

とはいえ、生理前って他の甘いものじゃなくて、【チョコ】が食べたくなるんですよね~。チョコを一切食べないように我慢するとストレスが溜まってしまいます。ですから、一日に食べても良い量を決めてみて下さい!



「そんなのストレス溜まるよ~」という場合は、割り切って好きなだけチョコを食べちゃいましょう!食べない事がストレスになるくらいなら、幸せな気分でチョコを食べた方が心の健康にはいいですよ♪

最後に

では、最後に記事内容をまとめますね。

生理前になるとセロトニンの分泌が減り、女性はイライラして情緒不安定になりやすいです。そこで、体は本能的にセロトニンを増やそうとして、ブドウ糖がたっぷり含まれているスイーツが食べたくなるんですよ。

スイーツの中でも特にチョコが食べたくなるのは、リラックス効果のあるテオブロミンを摂取しようとするためだと言われています。私も身に覚えがありますが、生理前のイライラしている時にチョコを食べると気分が落ち着いて幸せな気持ちになるんですよね*^^*

また、他のスイーツに比べてチョコには鉄分が豊富に含まれているんです。生理前の鉄分が不足する時期はチョコが食べたくなるのはそのせいなのかもしれませんね。


とはいえ、チョコは体を冷やしたり子宮を収縮させるので、食べ過ぎると生理痛がひどくなります…。できればチョコやスイーツはほどほどにして、ご飯をしっかり食べてください♪



関連記事(一部広告を含む)


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です