未分類

貼るカイロの位置を目的別で紹介!寒さ対策や生理痛などに効く場所

カイロを使いたくなるタイミングは色々ありますよね。例えば私の場合、今まで下記の状況でカイロを活用してきました。

  • 寒い時
  • 腹痛
  • 生理痛
  • 陣痛中

ただ、「腰に貼っているけど、ココでいいのかな?」なんて思いながら、今までなんとなく使っていたんです(^^; 「より効果的な場所を知りたい」という思いから、カイロを貼ると効果のある位置を徹底的に調べてみる事にしました!


この記事では…
  1. 全身が寒い時
  2. 下半身が寒い時
  3. 肩コリ・首コリや風邪の時
  4. 生理痛や腰痛の時

上記4つの症状別に、カイロを貼ると効果がある位置をご紹介していきます。ぜひ最後までご覧になってご参考にしてみてくださいね^^

スポンサーリンク


カイロを貼ると効果がある位置

ポイントは、血管が集まっている場所を温めて血流を良くする事。また、体にある「冷え」に効くツボを温めるのも効果があるんです^^

  • 背中
  • お腹
  • 足首
  • 足裏

上記5つのドコにカイロを貼るかで効果が違います。下記4つ…
  1. 全身が寒い時
  2. 下半身が寒い時
  3. 肩コリ・首コリや風邪の時
  4. 生理痛や腰痛の時

の症状別にご紹介していきますね♪

1.全身が寒い時

体全体を効率良く温めるには、下記の4ヶ所にカイロを貼ると効果的です!

  • お腹
  • 足裏

それでは、一つずつご紹介していきます^^

首と背中の境目(骨が出っ張っている所)にカイロ貼ってください。体を温めるツボがある上に太い血管が通っているため、ココを温めることで全身が効率よく温まります。

両脇にカイロを貼る事で体全体が温かくなりますよ。

お腹

おヘソより下辺りを目安にカイロ貼ってください。近い所に動脈が通っているため、体全体に熱が行き渡ります。また、内臓も同時に温めることができるので効率良く体が温まりますよ。

足裏

足裏用のカイロを使いましょう。足の裏には体を温めるツボや動脈があるので、効率よく全身が温まります。


◆ポイント
腰や背中は血管から遠い上に全体的に冷えている部位です。ココにカイロを貼っても体全体は中々温まりません。


↓私が参考にさせて頂いた動画です。整体師さんが体全体を温める方法について紹介して下さっています^^

2.下半身が寒い時

  • 足首

デスクワークなどの座りっぱなしで下半身が冷え切っている場合、足首を温めることで足の指先や膝がポカポカしてきますよ^^

また、冬場は足が冷え切って眠れないことがあります。そんな時は寝る前に足湯をするかホッカイロで足首を温めるのが効果的!ただし、就寝時にはホッカイロを外してくださいね。そのまま寝てしまうと低温ヤケドを起こす可能性があります。

3.肩コリ・首コリや風邪の時

  • 背中

背中にはツボがたくさんあります。特に…
  • 首コリ
  • 肩コリ
  • 頭痛
  • 風邪気味

の時ににカイロを貼ると効果的ですよ。背中と首の境目辺りに、背骨に沿って縦にカイロを貼ってください!


↓私が参考にさせて頂いた動画です。整体師さんが首・肩コリに効果的なカイロを貼る場所を解説下さってます!

4.生理痛や腰痛の時

毎月来る憂鬱な生理…少しでも痛みを和らげたいですよね。生理痛にはお腹や腰を温めるのがオススメです。
  • お腹

お腹

ヘソの辺りにもツボが密集しています。ココを温める事で、内臓の働きが良くなり代謝がアップ!また、便秘や生理痛などに効果がありますよ。 

尾てい骨の上の仙骨を温めましょう。ココを温める事で骨盤内の血液の循環が良くなり体温が上がるんです。

子宮内の血液の循環が悪いせいで生理痛が起こったりヒドクなります。ですので、カイロを使って骨盤内を温めることで生理痛が和らいだり無くなりますよ。私自身、生理痛がヒドイ日は腰にカイロを貼りますが、それだけで痛みが和らいで心地よくなります^^ また陣痛時にカイロを貼る事で痛みがかなり抑えられました。


↓私が参考にさせて頂いた動画です。整体師さんが生理痛・腰痛に効くカイロの貼り方について2分辺りから紹介して下さっています^^

カイロを使用する際の注意点やポイント

低温ヤケドにならないように下記に注意してくださいね。

  • 肌に直接貼らない
  • 就寝時に使わない
  • 同じ場所に長時間あてない
  • 少しでも熱いと感じたらはずす
  • こたつなどの他の暖房器具と併用
  • カイロの当たっている場所を圧迫しない

特に、子供・高齢者・血行障害のある人が使用する場合は注意が必要です。また、頭部にカイロを貼るのは避けてくださいね。ココは熱を発する部位なので、温めてしまうと頭痛や気分不良の原因になります。

カイロを長持ちさせる方法

通勤・通学時間のみなど数時間だけカイロを使う時って「使っていない時間がもったいないなぁ~」と思いますよね(^^; そんな時は、下記の方法を試してみてください♪

  1. 発熱中のカイロをジップロックに入れる
  2. ジップロックの空気を抜いて封をする


カイロは空気に触れることで発熱します。空気に出来るだけ触れないようにすることで、長時間使えるようになるんですよ^^


それでは、最後に記事の内容をまとめますね^^

最後に

カイロを貼ると効果的な位置は…
  • 背中
  • お腹
  • 足首
  • 足裏
上記5か所です。症状別にまとめたのでご参考にしてください♪


症状位置
全身が寒い時

・首

・脇

・お腹

・足裏
下半身が寒い時

・足首
肩コリ・首コリや風邪の時

・背中
生理痛や腰痛の時・お腹

・腰


毎月の生理に大活躍しているカイロ。おまけに出産の陣痛時にはカイロのおかげで痛みを乗り切ることができました。

ただ、今までなんとなくカイロを使っていたんですよね~(^^; それが今回調べてみたことで、カイロを効果的に使う方法が分かりました^^ これで今年の冬は乗り切れそうです! 是非アナタも効果的にカイロを使うために、この記事をご活用してみてくださいね~*^^*

関連記事(一部広告を含む)


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です